やっぱり定番を買う?でも定番だと飽きられない?

東京と名のつくお菓子を買っておく

旅行や出張で東京に行くとき、いろいろな人にお土産を買って帰ります。自分や家族に買って帰るときもありますが、会社の同僚に買って帰るときもあるでしょう。同僚一人一人にまとまったものを買うのは大変なので、通常はお菓子を購入します。そして出社した後に一つずつ配ります。東京のお土産としてわかりやすいのは、東京の名のついたお菓子がいいかもしれません。袋に入っているものなら、それを見ただけでこの人は東京に行ってきたのだなとわかります。もちろん渡しながらいろいろな話をしてもいいですが、あまり話をする時間がない時もあるでしょう。どこに行ってきたか問われるのが面倒と考えるのであれば、その質問がされない食い物を用意しておきましょう。

毎回同じものだと飽きられると感じた時

東京に本社や支社がある会社に勤めていると、それ以外の地域で働いている人は東京に出張に行く機会が多くなります。役職のある人なら毎月のように会議で行く人もいるかもしれません。行けば当然ながらお土産を期待されます。まずは多くの人が知っている定番のお菓子を買って行けばいいのでしょうが、毎回同じもの、定番のものだと飽きられてしまいます。そこでいつもとは違うお菓子を選ぶようにすると良いかもしれません。土産物店によってはお店の定番から、新商品までいろいろなものが並べられています。ランキングなども出されているので、それをうまく利用してみましょう。ランキングの中ほどにあるお菓子であれば、目新しい上に味も気に入ってもらいやすいです。

カンパネラ(カンパネッラ)は、Campanellaと綴ります。イタリア語で小さな鐘を意味する言葉です。